交通事故後は警察へ

皆さんは車を運転することはあるでしょうか?運転する際、誰もが事故を起こさないようにと安全運転を心がけていることでしょう。
そんな中、自分が気をつけていても交通事故は突然起こったりします。
そのような時のために、今回は交通事故を起こしてしまった、または巻き込まれた際に、どのような対処をとればいいかをまとめてみました。


まず交通事故に遭遇してしまった際は、すみやかに警察を呼びましょう。
事故を起こしてしまい、当事者同士では動揺してしまい、その時の状況を正しく判断できない可能性があります。
警察を呼び、どういう状況でそうなったのかを正しく判断してもらいましょう。


また、事故を起こした際の警察への届け出は「道路交通法72条1項」では義務として定められています。
人身・物損の被害の大小に関わらず、届け出が必要となっているので、すみやかに110番へ電話が必要です。
また、後々保険を使い保険金を請求しようと考えている場合は、請求する際に必要になる書類である「交通事故証明書」の交付が、届け出をしないと受けられなくなってしまいます。


このように警察への届け出は単なるドライバーの義務だけではなく、届け出をしておかないと自分の首を絞めることになりかねません。
後々当事者同士でトラブルにならないためにも、事故に遭遇してしまった際は、慌てずにまず警察を呼びましょう。
また自分が巻き込まれていなくても交通事故を見かけた際は、運転者同士が負傷して警察を呼べない場合もあるので、その際は代わりに呼んであげましょう。

Copyright © 2014 交通事故を起こしたら All Rights Reserved.